廃車について

廃車を業者に任せる際の注意点 | 車を売る前の知識とは?

caradviser-imai

少し大げさかもしれませんが人生の中で廃車するということは、そう何度も経験することではないと思います。

廃車は購入と違い、手続きが面倒に思えてしまいますね。

また昨今の廃車関連の背景も大きく変化しているのも事実です。

そういった状況の中で廃車を買取業者などにお願いする時、どんなところを注意しておけばよいのか?

最後に確認してください。

 

自走できるなら『まず無料の一括査定!』

『今、あなたの愛車は自走できるでしょうか?』

もし、クルマが自走できて、まだ1社も買い取り専門店で査定していないなら 「クルマの価値がどれくらいなのか?」認識しておく方が良いです。 

一般的な買い取り専門店と廃車買取店の違いは、 一般的な買取専門店はクルマを「商品」として再販します。

一方、廃車買取り専門店は、その名の通り「廃車解体」を前提としてパーツやボディーなどの鉄くずを再販します。

なので、一般的に考えるとクルマとしての価値があるなら一般的な買取店の方が「高額査定」ということを示します。

数十万円の差があるなんてことは普通にあり得ることです。 なので「廃車しかない!」と思っていても以外とクルマとしての価値があるかも知れません。

ここで0円と言われてから廃車買取業者に出しても少しも遅くはないはずです。  

*車の無料一括査定とは・・・全国数百社の車の買取専門店が、『一つの一括査定サービスサイトに加盟している』インターネット上のシステムが確立されたサービス。愛車の情報を一回入力するだけで複数の買取専門店の見積もりを受けることができるというメリットがある。
引用:https://navikuru-car.com/

 

知っておきたい廃車買取時のポイント!

ここで認識しておいてほしい「ポイント」をまとめます。

  • ガリバー・カーチスなどの一般的な買取店は、あなたの車に「商品としての価値がある」なら廃車買取専門店より高額で買取してもらえる。
  • 一般的な買取店で「0円査定」になったケースでは、廃車買取専門店の方が高額で買取してもらえる。

    『もう少し詳しく見てみる』↓↓

自走できるなら
損をする前に高く売る!自走できるなら無料の車一括査定

自走できるなら査定金額はUPします!! 上記の事例は 『廃車にするしかないと思ってた!』 『こんな車売れるわけがない!』 『もう解体でしょ?』 と言っていた3人の方に 『自走できるなら一度、”無料の車 ...

続きを見る

 

 

廃車を買取業者などにお願いする時の注意点

 

 

自動車重量税還付申請書付表1の内容を確認する

解体届出もしくは永久抹消登録の際に自動車重量税の還付を申請すると、自動車重量税還付申請書付表1という書類が交付されます。

これには『還付金の振り込み先が記入されている』ので、その部分に間違いがないか必ずチェックして下さい。

良くない専門店の場合は、所有者に何も言わないで抹消登録時に名義変更をやり、自店舗に重量税の還付を行わせる店舗もあります。

つまり、ネコババです。 廃車のお願いをして、この書類を提示してもらえないときは必ず確認をとったほうが良いです。

なお自動車税の場合は、4月1日現在での所有者(所有者がクレジット会社等のケースは使用者)あてに還付の連絡が来ます。

なので自動車重量税のような申請時での誤魔化しはきかないですが、悪質な専門業者においては不法投棄など廃車手続きをやらないこともあります。(そのまま車体だけ流通させるなど)

そのときは自動車税がその後もあなたに要請される事になります。なので注意してくださいね。  

 

廃車手続きが月をまたぐなら各種還付に注意

自動車重量税、自動車税、自賠責保険料、さらに自動車任意保険解約も月割りでの計算となります。

こういった申請が月をまたぐようなら1カ月分損をしてしまうため、廃車を委託する専門店に月をまたぐか否かを確認し、またぎそうであれば申請するやり方(永久抹消登録ではなく一時抹消登録+解体届出にするかなど)で何とかならないかなど相談すると的確な判断をしてもらえます。  

 

指定の引き取り業者で解体されるかチェックする

自動車リサイクル法により、廃車に関しての解体は、都道府県知事または保健所設置市の登録を受けた引き取り業者だけが実施できます。

もし異なる業者に委任してしまうと、不法投棄といった問題だけでなく、永久抹消登録又は解体届出に必要な引取証明書が発行されないということもあります。

そうなると自動車重量税の還付はもちろん、毎年自動車税の請求がくる事にもなります。 必ず指定業者で解体が実施されてるかどうか、確認が必要です。 

 

ローンを返済中なら、まずはローン会社や廃車の専門店に相談を!

廃車はあくまでもオーナーの意思ですから、本来廃車前に一括返済等で所有者をあなたにしておく必要があります。

そして、車検証の名義変更行なった後で、廃車の手続きをしなければならず2度手間となります。 そこで名義変更を抹消登録時にあわせてしてしまう方法もあります。

なので、ここはローン会社や廃車を代行してくれる専門店と相談するのが良いですね。 また事故等で廃車にするのなら、ローン会社も理由を考慮し、特例で廃車を認可するケースもあります。

ローン会社への相談は早期のほうが良いということですね。  

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カーアドバイザ―:imai

カーアドバイザ―:imai

大阪で40年続く由緒ある 中古車販売店に20年間勤める。2011年より20年間のキャリアを活用しカーライフアドバイザーという立場で様々な中古車関連サイト運営を主に活動している。

-廃車について

Copyright© AUTO LOVERS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.