車買取査定UP!

通勤で使用した高年式過走行な車を高く売るたった一つの方法

caradviser-imai
会社の通勤で乗っていた車を売ろうかと考えた時、「高年式なんだけど過走行の車は買取にどんな影響があるのか?」と気になっていませんか?ここでは過走行とは?ということから高く売る方法まで解説します。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

 

高年式の過走行車でも買取は可能か?

「そもそも過走行って何?」

過走行という定義ははっきりとは無いのですが、リース会社や中古車買い取り店が過走行と決めるのは 1年間の走行距離が1万~1万5千を超えるクルマです。

たとえば、残価設定ローンで、5年で車を返却した場合、6万キロ(1万2千キロ/年)過ぎると、追加金が生じるのですが、これが過走行に対してのペナルティとなります。

そして、よく言われる低年式でただ走行距離が多いだけというクルマは、過走行とは言わないです。

逆に言えば2年落ちの高年式車で、距離数が4万キロ走っているなら完全に過走行だと認識されます。

*高年式:新規登録からの年数が新しいこと。

*低年式:新規登録からの年数が古いこと

 

「過走行車は価値がある?」

結論から言いますと『高年式車の過走行車は十分価値があります!』

過走行と言うだけで敬遠されるイメージですが、実は高年式の過走行車を求めている人は結構います。

理由は同じ年式の相場より価格が安いからです。つまり再販する需要があるということです。

そして、もう一つは、日本の車は、『高い品質でタフなため海外では高評価』という所です。

海外では、車は働く乗り物という認知が強力なためタフな日本車が称賛されいます。

 

また、ここ数年、日本車はハイブランドという考え方の国も多いため、新車よりも安く購入できる高年式車の過走行車のニーズが数多くあるというわけです。

ちなみに日本では10万キロ走っている車といえば『評価が低い』ですが、海外では10万キロは「これから活躍する車」という感覚で『評価は日本より断然高い』です。

海外は「道路が広い」ことや「車は廃車になるまで乗りつぶすもの」という文化の違いが評価にも影響しています。

 

過走行車を得意としている買取店を探す!

上述していることから「過走行車には価値がある」ということは理解していただけたかと思います。

 

では、『高く売るにはどうすればいいのか?』

 

それは「海外輸出に強い店舗」や「過走行車を得意としている買取専門店」を見つけることです。

なので、近いという理由だけで近所の大手買取店などに出すということはしないほうが良いです。

「過走行なので・・・」という理由でたたかれ安い査定額を提示されて終わります。

 

最も効率よく高く売るには「無料一括査定サービス」を活用するのが得策です。

 

*車の無料一括査定とは・・・全国数百社の車の買取専門店が、一つの「一括査定サービスサイト」に加盟している、インターネット上のシステムが確立されたサービス。

 

このサービスを活用することで「過走行な車を得意としているお店」をいち早く見つけ出し、そして高く売ることができます。

 

『車の無料一括査定サービスを選ぶ時のポイント』

  • 全国でも利用する人の数が多いこと
  • 有名な大手企業が運営していること
  • 提携している加盟買取店が数百社以上あること
  • 『強引な買取はしない』お店しか加盟していないこと

以上が選ぶ際のポイントです。

 

車の一括査定を利用せず、ディーラーなどに下取りに出すと必ず損をします。なので損する前に活用しておいてくださいね。

 

関連おすすめ
高く売れる?!過走行車の査定額を簡単に上げる方法とは?

『過走行車でも査定額は必ずアップします!』 ディーラーで「0円です。」と提示されり、納得のいかない査定額の過走行車でも、ここでお伝えするやり方をそのまま実践してもらえれば、愛車の査定金額は必ずUPしま ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カーアドバイザ―:imai

カーアドバイザ―:imai

大阪で40年続く由緒ある 中古車販売店に20年間勤める。2011年より20年間のキャリアを活用しカーライフアドバイザーという立場で様々な中古車関連サイト運営を主に活動している。

-車買取査定UP!

Copyright© AUTO LOVERS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.